親知らずの腫れは歯医者さんで治せる|口腔内リフレッシュ法

歯磨き

豊かな食生活を

先生

神戸のインプラント専門医院では、快適な噛み心地を提供するために、インプラントの良さを語ってくれます。また実際に受けた患者もやってよかったと口々に語っていますから無視はできないでしょう。

質の高い治療を提供

歯

全国には数多くの歯科医院が点在しており、どこも集客を増やすために治療に力を入れています。快適な治療はもちろん、雰囲気もアットホームなので、通い続けたい歯科医院が多いです。

質の高い入れ歯を提供

先生

入れ歯と言えば、永久歯が抜けた場所する装着するものですが、昔は噛み心地があまりよくなったため、入れ歯も評判はよくありませんでした。しかし、最近の入れ歯は非常に性能が良いので楽に使えます。

抜歯をするかしないか

白い歯

ズキズキと痛む症状は、虫歯や知覚過敏によくありますが、放置された親知らずが腫れたことで痛みを感じる場合があります。この時の治療は、抜歯か既存させるかの二択になりますが、果たして、抜歯しても良いのでしょうか。実際、親知らずは不要な歯と言われていますが、永久歯を失った箇所に移植するといったインプラント代わりの治療が可能になるため、一部の歯医者では既存させることを勧める場合があります。ただ、移植も定着する時としない時があるため、移植に使うから残すといった考えを持たない歯科医院もあります。また、親知らずを放置すると、歯周病や虫歯の原因になるためほとんどが抜歯を勧める傾向があります。そのため医師の考えで治療方針が決まってしまうのです。ですから、残したい場合は既存させるための適した治療をしていき、大事に保管することが大事なのです。

治療をしながら親知らずを残すなら、歯科医院の治療を積極的に受けなければいけません。また、残して問題ない状態もありますので、治療の有無を知るために覚えておきましょう。尚、噛み合わせが関係している場合、抜歯をすることで噛み合わせがずれてしまう可能性が考えられるため、安易に抜かない方が懸命です。歯科医院でも、噛み合わせチェックをしてくれますから、一度検査をしてみましょう。またどこにも向かずまっすぐ生えている状態なら他の歯に影響を与えるとは考えにくいのでこの場合も既存という形でケアをするのみです。ただし虫歯は腫れがある場合は抜歯をする方が良いかもしれません。